写真家・久山城正が遺したもの  -Team Shiromasa

計算できない魅力に満ちた写真家、どんな状況にあっても常にポジティブ。偶然の不思議な世界を彼流にカメラで切り取ってみせてくれる、そんな久山 城正の生き方そのものがアートでした。ときに力強く、ときに不思議で、微笑ましい数多くの作品を彼は遺しました。
本当なら、もっともっと活躍してほしかった・・・。そんな思いを込めて、彼が遺した写真作品・闘病生活や面白かった彼の思い出話などをこのサイトでご紹介しています。
また、彼が何度も何度も訪れ、無心にシャッターを切り続けた東日本大震災の風景。この圧倒的な風景の中に、彼が伝えたかった何かを、感じでいただけたらと思いスペシャルコンテンツでお届けしています。ぜひご覧下さい。

目の当たりにすることの大切さ- 「東日本大震災の風景」スペシャルサイト
> 3.11 写真家・久山城正が遺した東日本大震災の風景

Team shiromasa

Works for Magazine – Hawaii

Happy birthday Shiro!

2005年6月7日 この撮影中に誕生日を迎えた久山にスタッフ全員がサプライズパーティを開いてくれたそうです。めちゃくちゃ楽しかった!と満面の笑顔で話してたなあ・・・。大好きだったHawaiiの海に散骨してから6年、今もこの海で楽しそうにふわふわと漂っているんだろうと思います。
-Team Shiromasa