久山との旅 / フランスワールドカップの旅 (6) - 原田宗典

宿泊先は、カルカッソンヌ駅前に建つ古いホテルで、「フランス版箱根冨士屋ホテル」といった趣である。例によってI澤嬢とブリス君がフロントでの手続きを済ませてくれて、各々に部屋の鍵が配られる。僕の部屋は2階の111号室。久山は隣の112号室。いずれもやけに天井が高く、バスルームも必要以上に広々としていて、全体的に「がら~ん」とした雰囲気の部屋である。ムネノリなんだか不安だわ・・・という第一印象を抱いたのを僕は後になって震えながら思い出すこととなる。 続きを読む

桑原弘樹さんの本  -Hitobon

今春のある日、自宅に本が届きました。著者は、久山の友人/桑原弘樹さん。
そこには、
「事後報告で恐縮ですが、あとがきに久山さんと桑原さんのやりとりの一部を掲載させていただきました。・・・ 桑原塾/運営事務局」 という内容のお手紙が添えられていました。
え?と思って本の最後の方をめくってみると、久山が亡くなる少し前までトレーニングしていた話が書かれていました。

IMG_5117
続きを読む

久山との旅 / フランスワールドカップの旅 (5) – 原田宗典

6月16日
午前7時半起床。昨夜入り損ねたジェットバスに湯を溜めて、優雅な朝風呂を楽しむ。あまりにもセシボン、あまりにもパローレパロレパローレな朝のシチュエーションである。なんだか急に顔が引き締まって、3割がた彫りが深くなったような気分で体を拭いているところへ、ノックの音。ホテルのボーイ君が朝食を運んできたのだが、彼の彫りの深い顔を間近で見るにつけ、急に自分の顔が平べったくなったように感じる。「オレってやっぱりオリエンタル・・・」などと現実の厳しさを思い知った後、久山を起こしに行く。彼の部屋にも朝食が運ばれたところで、せっかくだから一緒に外で食おうということになる。各々朝食を載せた盆を手に、ホテルの中庭に降りる。
続きを読む

Shirakami-Sanchi / Mountain Range 白神山地

Shirakami-Sanchi

氷河期が終わった約8000年前に誕生したといわれる青森県と秋田県にまたがるブナ林、白神山地。
久山は2011年の初夏に訪れています。
Straddling the border between Aomori and Akita Prefectures, the Shirakami-Sanchi beech forest that is said to have come into existence about 8,000 years ago, after the last ice age. He visited here in early summer of 2011.

久山との旅 / フランスワールドカップの旅 (4) 原田宗典

6月15日。
「おはよう」
と久山に起こされて目が覚めた。二日酔いである。昨日、試合の後、僕は部屋に戻って大急ぎで原稿を仕上げた。久山はトゥールーズ市内のラボへ行って、フィルムをデジタル処理するというめんどくさい作業に没頭した。当時はまだ写真はフィルムで撮るものだったので、デジタルに焼きなおして日本へ送るという作業は、久山にとっても初めてのことだった筈だ。編集者のK林君もやってみなければ上手くいくかどうかわからない、と言っていた。 続きを読む

死といふもの  - 早川達雄

shiromasa.comにお越しの皆様、ごきげんよう。久山との思い出を綴った沢山の手記を読んでいて何だかとても不思議な気持ちになった。本人のキャラに負うところが大きいのはわかるのだが、『ちょっと遠いところへ旅してくるワ、また会おうの』みたいな台詞を残してどっかへ出掛けて行った、ような感じがするのだ。原田もそう書いてたっけなぁ・・・
続きを読む

久山との旅 / フランスワールドカップの旅 (3) 原田宗典

6月13日。
目覚ましを8時半にかけていたのだが、それが鳴り出すよりも早く、自然と目覚めてしまう。時差ぼけのせいだろうか。窓を開け放つと、外は絵に描いたいたようないい天気である。とりあえず顔でも洗うか、と歯ブラシを手に洗面所に赴く。歯磨き粉は拝借するつもりで、洗面台の周辺を探してみたところ、これがなかなか見つからない。 続きを読む