久山さんとソックリさん - カワハラ

その日、私はとても緊張していました。
東京に出てきて数カ月。ライターとして、はじめて著名人にインタビューすることになったからです。
そして、この仕事ではじめて久山さんに会いました。
いまから13年前の2002年1月22日のことです。

実はすっごい不愛想な人やったらどないしよー。
頭真っ白ンなって、ヘンな質問してしもたらどないしよー。
沈黙続いたらどないしよー。

悪いことばっかり想像しながら、待ち合わせ場所にいると、「カワハラさん?」と声をかけられました。
「はい、そうです」と答えかけて、―― へ?!
「せやねん。よう似てるて言われんねん」と久山さん。
そう言って、めっちゃめちゃ楽しそうに笑う顔が、今も忘れられません。
実は、その日のインタビュー相手は、忌野清志郎さん。
当時の久山さんは銀髪で、本当に清志郎さんにソックリだったのです。

おかげで、それからは緊張も悪いイメージもどこへやら、ずーっと笑いっぱなしだった気がします。
清志郎さんも久山さんもお互いをまじまじと見ては、「似てるねぇ」「似てますねぇ」とニヤニヤしてるし。

ちなみに、清志郎さんへのインタビューの目的は、音楽ではなく出演した映画のことについてで、作品は三池崇史監督の『カタクリ家の幸福』。
清志郎さんは、その映画で“イギリス王室の血を引くアメリカ軍人”という、胡散臭さ極まりない役を演じていました。

以下、清志郎さんとのやり取り。

――普段、映画って見ます?
「全然」

――し、芝居は?
「見ないねぇ」

――じゃ、また映画出演の話が来たら?
「出たいねぇ」

そのココロは、「自分に興味があるの。でっかいスクリーンにどんな風に映っているのかなって」
正確に言えば、「面白いことをやってる自分が行き着く先」に興味があるとのこと。

こんなことも言っていました。
「この間さぁ、タクシーに乗ったら、運転手さんに“あのぅ、芸術家さんですか?”って聞かれたの。芸能関係ですかってのは、よくあるけど。うれしかったなあ、“芸術家”」
そうして、これまた無邪気にめっちゃめちゃ楽しそうに笑うのです。

いま、あのときのことを思い返すと、どんどん清志郎さんと久山さんがだぶって浮かんできます。
ふたりは顔だけじゃなくて、喋っていたことも雰囲気もなんだか本当にソックリでした。

清志郎さんの取材をきっかけに、その後、久山さんとはいろんな方のインタビューに出かけました。
久山さんはいっつもにこにこ笑っていて、あっという間に撮影を終えて、途中からはインタビューの盛り上げ役を買って出てくれました。私にはとても心強く、本当にありがたかった。

久山さん、向こうで清志郎さんに会ったかな。
あのときは、どーもどーもなんてやってるかな。
お互いちょっと死ぬの、“早すぎたねぇ”“早すぎましたねぇ”

違う! そんなところまで似なくていいし!!
面白くて楽しい人たちは、もっとこっちにいなきゃ寂しいよ。

カワハラ

※忌野清志郎さんの事務所にご了承いただき、久山が撮影した写真を掲載いたしました。 
-Team shiromasa

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中